YMD BLOG

某グルメサイトの営業マンの勉強ブログ。

ファミリー

今日は僕の所属する学生団体の「小室ファミリー」の自主MTGがあった。
以後「ファミリー」と省略。
小室ファミリーとは、小室さんという社長の指導のもと、
プレゼンスキルの向上を通して、問題解決能力、コミュニケーション能力、論理的思考能力等、考える力を養うことを目的とした大学生の団体である。(一部自己解釈を含む)

小室さんはこの講師を8年もボランティアで引き受けていただいている。
とても魅力的な人で、ワークライフバランス株式会社の社長でもある。
実は僕のベビーシッターインターンも小室さんのもとでやらせていただいてる。

基本的に月一回のペースでプレゼン大会を開催するのだが、
それ以外にも月一回、小室さん抜きで自主的に練習を行っている。
こちらはプレゼンに限らず、多彩なラインナップを予定している。

僕らはファミリー10期として、2日にキックオフイベントして自主MTGを開催した。
内容は自己紹介→ミニプレゼン→懇親会
僕は運営側にまわり、みなさんのお手伝いをした。
蓋を開けてびっくり。ファミリーに集まる人が濃いこと濃いこと♪
基本的に何らかの専門・興味のある分野をもった人の集まりなので、
グループワーク一つをとっても、自分ひとりでは絶対思いつかないようなアイデアも多数でた。

偶有性

わくわくした。

心のどこかが熱くなる。
考えることがこんなにも楽しいとは。
今日、初めて外部の人から会計の勉強のことについてほめられた。
今までもほめられたことはあるが、大変そうだね、えらいね、すごいね、という形式的なもの。
もちろんそれは、その人が会計のことを知らないからであって、当然のことである。
「今企業の準備をしてて、ファイナンスを任されているんです。でも会計が難しくて・・・。お金の勉強は今までしてこなかったので、今とても苦労しています。会計ができる人は素晴らしいですよ。」

こういうことで会計士として働くこともありなんだ。
社会の中で、僕のような人間を必要としてくれているんだ。
会計士も誰かの役に立てるんだ。
この人とともに働くのも悪くないな。
また少し、会計士に対する考えが変わった。

MTGと懇親会、そして幹事によるミニ反省会。
とても充実した会だった。
ファミリー、そしてこれからの自分の可能性を信じてみたくなった。

帰りは小田急線の終電。
ふわふわしながら、余韻にひたる。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
今日の勉強時間  ゼロ・・・