YMD BLOG

某グルメサイトの営業マンの勉強ブログ。

毎月の携帯代を搾取されてない?節約するなら話題のSIMフリー端末と格安SIM

最終更新日:2015/5/25更新

彼女が来月携帯を変えるので、よく最近の携帯について話しをします。なので、もし自分が次に携帯を変えるなら何にするか?ということを最近よく考えます。

ついに自分の携帯をクラッシュしてしまいました。。僕が携帯を変えなければいけないという切実な問題に直面しています。
f:id:yama_kazu:20150525221652j:plain

僕は携帯を2台持っています。会社用のガラケー1台と、個人用のiPhone5Sを1台。それと、営業で外で仕事することが多いので、個人用にwimaxwifi端末も持っています。特に携帯に対する不満はなかったですが、iPhoneの端末代が高いのと、月々の携帯料金をもっと抑えたいなと思ったので、格安SIMとSIMフリー端末の組み合わせを検討しています。

去年、中国人の同僚が母国で購入してきたという小米(シャオミ)の携帯をいじってみました。僕にとって初めてのSIMフリー端末と格安SIMでした。思っていたよりもずっと使いやすく、iPhoneと比較しても全く遜色がありませんでした。価格はiPhoneと同スペックの最新端末で3万強、廉価版だと1万ほどでした。個人用の端末として、SIMフリー端末+格安SIMという選択肢は「あり」だという結論に達しました。

最近はLINEとFacebookばかりで、キャリアの電話やメールを利用することはほとんどなくなりました。電話とメールがなくても、ほぼ困らなそうです。そこで、最悪の場合でも電話は会社用端末でできるとして、次の個人携帯はSIMフリー端末+格安SIMにしてみたいと思っています。

まずは、各社が提供している格安SIMを比較します。数が多かったので、初心者にもわかりやすくて値段が手頃な3社に絞りました。

<前提>
・データ通信のみ使用(電話番号はいらないため)
・データ通信料は1〜3GB/月。モバイルWifi端末あるから、最初は通信料は少なめでいいかな。
コスパ重視。1,000円前後の格安SIMで比較

<サービス比較>

1.NifMo


・ドコモ系の格安SIM
・データ通信:月3GBまで利用可能
・初期費用は3,240円
・月額費用は972円
SIMカード申し込みで3000円のキャッシュバックあり
@niftyの接続サービスをご利用中の方は、さらにNifMoの月額料金を200円/月、割り引き。
NIFTYが提供する格安SIM。プランのコスパが良く、キャッシュバックのキャンペーンも魅力的。@niftyのサービスを使っている場合は月々の費用が200円さらに安くなる。


2.DMM mobile


・ドコモ系の格安SIM
・データ通信:LTEで1〜10GBまで6種類から選べる。1GB or 3GBがコスパが良さそう。
・初期費用は3,240円
・月額費用は1GBで712円、3GBで1,382円。
★2015年2月末までに新規契約をすると、2ヶ月間月額費用が無料になる。
★契約者全員に、利用金額の10%をDMMのサービス券で還元される。
FXのCMを大量に投下したり、英会話サービスを始めたり、秋葉原にシェアスペースを作ったりと何かと話題のDMMさんの端末。新しいことに積極的に取り組んでいて、注目している会社の一つ。1GBからSIMのラインナップがあるので、少量のデータで良い人にはおすすめ。


3.OCNモバイルONE



・NTT系の純正格安SIM(マツコデラックスがCMで出ているやつ)
・データ通信:LTE/3Gで1日/70MBまで利用可能(30日で2.1GB)
・初期費用は3,240円
・月額費用は972円
以前、マツコデラックスがCMで宣伝していたもの。利用開始月はSIMの契約料金が無料になるメリットがあります。


個人的には、NifMo(3GB)でまずは試してみて、もっと少ない容量でもいけるとわかったらDMM(1GB)にすると思います。最近はビックカメラなどの家電量販店などでもSIMを出しているので、そちらも少し調べて検討したいと思います。月々5000〜6000円払っている携帯代が、1000円になったらめちゃめちゃ嬉しいですよね。毎月約5000円の節約=年間6万円の節約となり、毎年アジア海外旅行へ行ける金額が溜まります。ずっと繰り返されるものなので、この機会に携帯料金を見直してみませんか?




※この記事は新しい情報を得たら随時更新していきます!SIMフリー端末も時間があるときに、電器屋でじっくり触ってみたいと思います。快適なスマホライフのために、少しでもお役に立ちますと幸いです!