YMD BLOG

某グルメサイトの営業マンの勉強ブログ。

錦糸町のちゃんこ鍋屋「鳥義」で鶏もつなべ

第一回錦糸町飲みは、後輩の勧めで「鳥義」へ。
f:id:yama_kazu:20170319074717j:image

ふぐ・ちゃんこ鍋 鳥義

後輩のお父さんが昔通っていたらしい。そんな薦め方、ぜひしてみたい、仕事終わりにみんなで向かう。錦糸町駅から歩いて15分くらい。駅から歩くにはちょっと遠い。

瓶ビールで乾杯。サービスで出していただいた鶏大根の煮物。優しい美味しさ。
f:id:yama_kazu:20170319074734j:image

もろきゅう、鶏刺し、焼鳥を注文。新鮮な鶏肉のお刺身が美味しい。刺身で鶏肉が美味しく食べられるお店は、焼鳥もすこぶる美味しい。
f:id:yama_kazu:20170319074758j:image


最後に鍋を食べようとことになり、ちゃんこ鍋、鶏つくね鍋、鶏もつ鍋で迷う。最終的に鶏もつが珍しいよねということになり、鶏もつ鍋をチョイス。
f:id:yama_kazu:20170319074717j:image

鶏もつがこれでもかとどっさり盛られ、甘辛いすき焼き風のタレで煮こむ。鶏もつはさっぱりとしていて、食べやすい。甘辛いタレによくあって、食とお酒が進む。美味しい。


月曜にもかかわらず、店内はお客さんでいっぱい。地元の人に愛されているお店なんだろうなぁ。美味しかった。また来たい。ご馳走さまでした!

夢殿で夢見心地@岬 神田

週末の神田で野暮用。平日と打って変わって、人もまばらの神田の居酒屋街。週末こそ賑わうような、素敵な飲食店がたくさんある神田になるといいのになぁといつも思う。週末は諦めてお店を閉めていたり、いつものキャッチのお兄さんもいない。なんだか寂しいなぁ。
 
 
用事を済ませて、ずっと飲みに行こうと思っていた居酒屋に遊びに行くことに。神田の日本酒専門店の居酒屋「岬」さんに遊びに行ってきた。
 
 
店内が見渡せるカウンター席に陣取って、生ビールで乾杯。お通し、串焼きの盛り合わせ、春野菜の天ぷら盛り合わせなどを頼みつつ、生ビールをおかわり。
f:id:yama_kazu:20170317232811j:image
 
 
せっかくなので、飲み物を日本酒にチェンジ。店長一押しの長野の銘酒「夢殿」をいただく。水のようにやわらかな口当たりだけど、しっかりとした後味が存在感をアピールしてくる珍しい日本酒。美味しい。

f:id:yama_kazu:20170317232528j:image

 
 
おつまみは馬刺しの盛り合わせを注文。ここの馬刺しは熊本産を使用していて、ちゃんと美味しい。常温でとろけはじめる、たてがみの脂が癖になりそう。
f:id:yama_kazu:20170317232559j:image
 
 
そのあとも日本酒を変えてちびちび楽しむ。春の桜色のにごり酒の「来福」や「うきうき山本」をいただく。とてもフルーティーで女性にお勧めしたい日本酒だった。
 
 
〆のご飯は馬肉のそぼろ丼。甘辛く煮込まれた馬肉のそぼろは絶品。けっこうお腹がいっぱいだったけれど、気がついたらぺろっと食べてしまった危険な逸品。
f:id:yama_kazu:20170317232713j:image
 
 
あ〜楽しくて美味しかった!また遊びにきます。ご馳走さまでした!

変化を楽しむこと

f:id:yama_kazu:20170305224818j:image
最近のマイブームは、お気に入りの食器でインスタントコーヒーを飲むこと。鎌倉の500円均一の陶器屋さんで気になって、悩んでその場では買えずに、二回目の訪問のときにやっと買えた優柔不断の塊が僕です。そんなこともあってか、お気に入りの食器は思っていたより気分を高揚させてくれたり、気持ちを落ち着かせてくれている。毎日のインスタントコーヒーを飲む時間が、ささやかな贅沢になった。


この週末は嬉しい話、びっくりした話、複雑な話が全部別々の方向から飛び込んできた。一年の節目の春だから?それにしても、これだけいっぺんにくるのはなんだか珍しい。

周りのいろんなことが、スピード感をもって変化していく。現状維持が許されない局面が増えてきた。環境に合わせて僕自身も変化させないと、生き残れない。それを痛感した週末だった。

「自ら変化し、その変化を楽しめるようになりなさい。」というのは上司の言葉。周りを見ていると環境適応能力が高い人は、確かに仕事ができる人が多い。では、どうやったら変化を楽しめるようになるだろう?変化を楽しむ努力をしたいのだけれど、その方法がまだぴんとくるものがない。

わかりやすいのは、自分の成長だろうか。できないことができるようになると、それは変化であるし、楽しむことができそう。変化しかない子育ても、きっとそんな感じなんだろうな。毎日自分の子どもが成長する姿を見たら、感動しそうな気がする。

変化を楽しむ方法の一つは、新しいことや自分ができないことに挑戦することかもしれない。変化に受け身でいるのではなく、積極的な姿勢で関わること。受け身でいた方がきっと楽だけど、主体的に関わった方が得るものや楽しさ、達成感は大きそう。

身の周りで起きる数々の変化に、僕はどう積極的に関われるだろうか。変化を受け入れるだけではきっと楽しめない。変化を活用し、周りの人たちにどんな良い影響を与えられるかを考えたい。

そんなことを考えながら、自分を勇気づける。変わりたいと思って、今いるこの場所に飛び込んだはず。もう一度挑戦してみよう。逃げてきた自分の苦手と向き合ってみよう。もう一度、自分を信じて頑張ってみよう。

不安になったらまたここに戻ってこよう。今年の春から、与えてもらった機会を活用して、僕はもう一度挑戦をする。

福岡の新名物「かわやき」を食べたい

最近仲良くしてもらっているお客さんから教えてもらった、行きたいお店「かわ屋」の話。

 

福岡が新しい名物として最近打ち出している「かわやき」がとても気になる。これは鳥の皮の串焼きなのだけれど、作り方にとても手間暇がかかっている。焼いてタレに漬け込んでを6日間ほど繰り返して作るため、余分な脂がすべて落ちて、旨味がぎゅっと凝縮される。

 

f:id:yama_kazu:20170304235233j:plain

※食べログより参照

[食べログ]アクセスが制限されています

 

外はカリッととしていて、中はもっちりした食感も特徴の一つ。お酒のおともにぴったりなのは間違いない。「かわ屋」さんは福岡を中心に出店していて、最近東京にも進出しているもよう。大井町にお店があるようなので、近いうちに一緒に行こうと約束する。楽しみがまた一つ増えた。

 

※3月5日追記

僕が担当している神田にもかわやきのお店があった!!!博多とりかわ「長政」さん。ここも気になる。。近いから、このお客さんにも教えてあげようっと。

 

f:id:yama_kazu:20170305222430j:plain

[食べログ]アクセスが制限されています

 

安くいろんな種類を楽しめる!東京の新しい人気グルメ「串焼き」の最前線

2017年3月4日の王様のブランチのご飯倶楽部より。今日のテーマは串!
 
f:id:yama_kazu:20170304114259j:image
串カツ田中、絶好調!こんなに店舗数が増えてるらしい。値段も手頃だし、いろんな種類を少しずつ食べれるから、気軽に入れていいのかも。
 
 
f:id:yama_kazu:20170304114039j:image
1軒目は浅草橋の串カツ屋「テンテコマイ」
 
 
f:id:yama_kazu:20170304114105j:image
常時30種類が揃っているので、いろんなものを少しずつ食べることができる!
 
 
f:id:yama_kazu:20170304114209j:image
しかもそのほとんどが100円!安い!
 
 
f:id:yama_kazu:20170304114239j:image
テンテコマイさんの串カツは粗い衣で薄めなのが特徴。また、ネタによって揚げ時間を変えるこだわりも。
 
 
f:id:yama_kazu:20170304114323j:image
春のお勧め串のそら豆の衣はパン粉の代わりになんと柿の種を使用!工夫が随所に見られる。
 
f:id:yama_kazu:20170304114345j:image
季節限定の春野菜のたらの芽の串揚げ。美味しそう。。
 
 
f:id:yama_kazu:20170304114422j:image
二軒目は白金にある牛串屋「牛泥棒」さん。ユニークな名前。
 
 
f:id:yama_kazu:20170304114515j:image
ここのお店の売りは牛串。焼き鳥、焼き豚に次ぐ、牛の串!
 
 
f:id:yama_kazu:20170304114544j:image
牛のいろいろな部位を、種類豊富な味付けで楽しめる。女性客には嬉しい。
 
 
f:id:yama_kazu:20170304114602j:image
知らない名前の牛串がメニューに並ぶ。
 
 
f:id:yama_kazu:20170304114639j:image
売れ筋の牛串は赤コリ、サガリ、カッパ?
 
 
f:id:yama_kazu:20170304114656j:image
 
f:id:yama_kazu:20170304114717j:image
 
f:id:yama_kazu:20170304114735j:image
 
f:id:yama_kazu:20170304114752j:image
牛泥棒さんの売りのもう一つは一風変わった創作串!それは、シチュー串、すきやき串、しゃぶしゃぶ串。普通、シチューやすきやき、しゃぶしゃぶはそれだけでお腹いっぱいになってしまう。それを串料理にアレンジすることで、少しずついろんな味を一度に楽しめるという斬新なアイデア!これはすごい〜。
 
 
f:id:yama_kazu:20170304114816j:image
牛ほほ肉のシチュー串!バケッド付き。
 
 
f:id:yama_kazu:20170304114856j:image
水菜やえのき茸などのしゃぶしゃぶ野菜を牛肉で巻いたしゃぶしゃぶ串。
 
 
f:id:yama_kazu:20170304114923j:image
そして甘辛いタレが後ひくすき焼き串。
 
 
f:id:yama_kazu:20170304115013j:image
3つ目のお店は神保町の「魚串さくらさく」さん。
 
 
f:id:yama_kazu:20170304115038j:image
さくらさくさんは日本初の魚串の専門店!
 
 
f:id:yama_kazu:20170304125135j:image
炭火で水分を飛ばし、旨みがギュッと凝縮した魚串は女性に人気。
 
 
f:id:yama_kazu:20170304125204j:image
さくらさくさんのお客さんの7割が女性!
 
 
f:id:yama_kazu:20170304125236j:image
お刺身は小さいサイズもあるけど、魚の多くは一匹丸ごとや多めに入った切り身でスーパーで売っているから、いろんなものを少しずつ食べたい女性には串スタイルは喜ばれている。
 
 
f:id:yama_kazu:20170304125303j:image
さくらさくさんの売れ筋は焼き串盛り合わせ!
 
 
f:id:yama_kazu:20170304125324j:image
サーモンタルタルやイイダコのタレ焼きに、
 
 
f:id:yama_kazu:20170304125343j:image
すずきとトマトのバジルソース、お肉みたいなまぐろほほ肉ねぎま、
 
f:id:yama_kazu:20170304125410j:image
いくらのあぶりめし、炙りシメサバと美味しそうな創作串がならぶ。
 
 
f:id:yama_kazu:20170304125528j:image
その他にも人気メニューは、さわらの西京焼きや、
 
f:id:yama_kazu:20170304125543j:image
明太子天ぷらなどがある。どれも美味しそう。。
 
うーん、串焼きは面白そう!最近魚に興味あるから、神保町のさくらさくさんには近いうちにぜひ行ってみたい。

プレミアムフライデーの参加企業

f:id:yama_kazu:20170219000750p:image

2017年2月24日からスタートするプレミアムフライデー。午後3時に退社して消費を促進することが目的。
調べたところ、導入を公に宣言する企業は3社。住友商事、日本テクノ、ダイワハウス工業。
うーん、少ない。参加企業がもっと増えるといいなぁ。
24日は飲み会の予定を入れてあるので、周りがどんな動きをするのか楽しみ。

老舗から新店まで、おでんの新旧対決!

今週の王様のブランチのご飯倶楽部はおでん特集!定番から変わり種まで、行きたいお店がまた増えてしまった。。

f:id:yama_kazu:20170218231204j:image
麻布十番の福島屋。改装前に何度か行ったなぁ。

f:id:yama_kazu:20170218231218j:image
定食あるのは知らなかった。しかも安い。行きたい。。

f:id:yama_kazu:20170218231301j:image
牛すじ味噌おでん定食。これは昔はなかった!甘辛好きにはたまらない。。これは食べたい!

f:id:yama_kazu:20170218231316j:image
もはやおでんの大根の色ではない。

f:id:yama_kazu:20170218231357j:image
絶対美味しい卵のやつ。

f:id:yama_kazu:20170218231420j:image
ため息しか出ない。

f:id:yama_kazu:20170218231435j:image
次のお店。え?うおきんがおでん屋も出していたんだ!

f:id:yama_kazu:20170218231509j:image
コンソメベースのフレンチとおでんのコラボ。

f:id:yama_kazu:20170218231523j:image
おでんのタネは独創的。牛タンが入っていたり、

f:id:yama_kazu:20170218231539j:image
トマトがごろごろしてる。

f:id:yama_kazu:20170218231551j:image
メニューはもっとカオス。

f:id:yama_kazu:20170218231606j:image
おでんはそのまま食べるのではなくて、タネに合わせてオリジナルソースをかけて食べる。

f:id:yama_kazu:20170218231622j:image
お店は新橋にある。新橋飲みのときにぜひ行きたい。

f:id:yama_kazu:20170218231639j:image
最後は郷土料理の静岡おでん。真っ黒な色が特徴的。

f:id:yama_kazu:20170218233417j:image
浅草橋にある静岡おでん専門店のびんてじ。外観から美味しい。風情を感じる。素晴らしい。

f:id:yama_kazu:20170218233201j:image
牛すじと鮪の中落ちでとった出汁を注ぎ足し注ぎ足し作っているため、色が黒くなっている。

f:id:yama_kazu:20170218231655j:image
静岡おでんは粉かつおと青のりをふりかけて食べる。香りがよさそう。

f:id:yama_kazu:20170218231708j:image
手作りはんぺん200円。。

f:id:yama_kazu:20170218231746j:image
和牛の牛すじ280円。。絶対美味しい。

f:id:yama_kazu:20170218231759j:image
〆のオススメは、静岡おでんの出汁を使ったおでんの雑炊。たまらん。

あー、おでん食べたい。お多幸もいいけど、麻布十番の福島屋、新橋のうおきん、浅草橋のびんてじに、ぜひ行きたい。