YMD BLOG

某グルメサイトの営業マンの勉強ブログ。

フィリピンとピストルと人生観

フィリピンで以前お世話になった日本人経営者の方が亡くなった。
死因を聞いて驚いた。フィリピンで銃殺されたのだ。
事件の翌日に話しを聞き、ものすごいショックだった。信じられなかった。


その方はとても温和で優しく、分け隔てなく接していた。
今の僕の職場とも初期の頃から提携をしていて、とてもよくしてもらっていた。
ご家族も恨みを買うようなことはなかったと仰っていた。
フィリピンを誰よりも愛し、フィリピンのために毎日働いていた。


最近、フィリピン留学が流行っていて、たくさんの日本人がフィリピンに行っている。
セブ島などの観光も増えており、以前に比べてフィリピンは日本に身近な存在になってきた。
あまり知られていないが、フィリピンは銃社会で、街中でも警備員などがライフル銃を肩から下げているのをよく目にする。
そして、人件費が圧倒的に安いので、数万円で殺し屋を雇うことができてしまう。


フィリピンはみんな英語を喋ることができて、物価が安いが素敵なリゾート地がたくさんある。
しかし、こういう面も全てひっくるめてフィリピンであるということを再認識した。
僕もフィリピンが好きで仕事として携わりたいと思っている。
だから、いろんな角度から見て、フィリピンをもっと知らなければいけない。
お世話になった方のように、フィリピンを愛して働いていきたい。


そして、死は本当にいつやってくるかわからない。
人生はある継続的なもののように感じていたけれど、実際は刹那的な瞬間の連続なのかもしれない。
いつそのときがきてもいいように、今日を精一杯生きていこう。