YMD BLOG

某グルメサイトの営業マンの勉強ブログ。

フィリピン留学をしても英語は喋れない

学校に着きました。事前に伝えていた時間よりも早く着いてしまったので心配しましたが、快く迎えてくれました。

学校内に入ると、ちょうど卒業生が一人ずつスピーチをしていました。椅子を一つ足してくれて僕を座らせてくれたので、僕は幸運にも近くで卒業スピーチを聞くことができました。

そこでショックだったのが、卒業生の全員が英語を喋ることができていなかったことです。さすがにネイティブなみになることはできないとは思っていましたが、まさかここまでひどいとは。。カンペを棒読みしたり、未だに英語を恥ずかしがって喋っていたりしていました。

学校内の環境を見ても、授業以外はみんな日本語で群れています。休み時間や休みの日もあまり外に出ず、日本人と日本語でずっと喋っているか、せいぜいショッピングか近くに観光に行くくらいでした。

これはまずい!このままではお金をドブに捨ててしまうことになるのではないか!などと大きな危機感を持ちました。

学校の環境は僕は良いと思いました。先生の発音はとても綺麗です。マニラの郊外の学校ですが、周りの治安も良く、夜でも問題なく外出できます。外の普通の人もみんな英語を喋れるし、道を聞けば必ず教えてくれるほど優しいです。

日本人が英語を喋れないのは、言葉を学ぶ方法が適切でないからではないでしょうか。特に、学ぶための環境作りと、その活用方法がすこぶる下手なのかもしれないと感じました。先生からマンツーマンで英語を教えてもらっても、授業外は全て日本語だったら、なかなか上手くならないですよね。。

マニラに滞在する三ヶ月間を有効活用すべく、試行錯誤してみます!

つづく。