読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YMD BLOG

某グルメサイトの営業マン、やまだかずきの勉強ブログ。

フィリピンの医療

先月フィリピンに行ったときに、フィリピンの医療は日本と比べてサービスレベルが高くないということを、現地に住む日本人会の方から伺いました。最近、フィリピンでのんびりリタイア生活を謳歌していたシニアの方々が、質の高い医療サービスを受けるために、日本へ帰国するということが相次いでいます。海外で長期滞在するにあたって、万が一のときを想定して医療サービスを知っておく必要があります。


フィリピンでは、経済力と場所によって受けられる医療サービスのレベルが大きく変わります。主要都市にはアメリカ並みの最新施設や技術力が高い医師が揃った、富裕層向けの私立病院があります。一方で公立病院では、設備や人員不足で満足なサービスを期待することができません。


また、フィリピンで入院する場合は、入院前に保証金(約40,000〜100,000円)を支払わなければ、入院のための手続きもできないシステムになっています。


一方で、薬は薬局で買処方箋なしでも買うことができます。フィリピンは医薬が分業しているため、薬局で薬の名前を言えば、処方箋がなくても薬局が販売してくれます。規制はあるにはありますが、フィリピンでは規制が厳格に守られていません。そして、薬局が利益を優先する傾向にあるため、処方箋がなくても薬をどんどん売ってしまうという背景があります。


ただし、フィリピンは薬代が高いです。これは、販売会社の寡占が原因と思われます。風邪、胃腸炎などでいちど通院すると、薬代が2,000〜4,000ペソ(約5,000〜10,000円)にもなることがります。フィリピンで必要になりそうな薬がある場合には、日本で購入して持っていくことをお勧めします。


最後に、日本の外務省が出しているHPをご紹介いたします。これは、日本人がフィリピンで病気になったときのための、現地の医療機関一覧です。有事の際はどこに行けばいいのかを把握しておくと、いざというときにパニックにならずにすみます。
参照:外務省HP
※ページ中央をご覧ください


以上、今回はフィリピンの医療についてでした。


★フィリピン留学関連の記事はこちら

★今年の猛暑を楽しむための一品。プレゼントでもご家庭用でも大ウケです

新竹取 流しそーめん

新竹取 流しそーめん

  • 定価:3,980円(今だけ37%オフ)
  • メーカー:鹿野漆器
  • ユーザーレビュー:4.5ポイント/5.0ポイント(2013/7/12)