YMD BLOG

某グルメサイトの営業マンの勉強ブログ。

ギャップで相手を喜ばせる

大学の頃の学生団体の先輩との食事。久々の再開に話しが弾む。

特におもしろかったのが、相手の喜ばせ方についての話し。Mさんは相手を喜ばせるために、いつもギャップを作っている。例えば、ライブのチケットを取って誰かを誘うときに、「席は後ろの方だけど、ホールが小さいから大丈夫だよ!」と言っておいて、実は前から2列目だったりする。

相手の期待値をコントロールする。相手が喜ぶのは、期待値を超えたとき。期待値未満だと不満だし、期待値とイコールだと満足止まり。だから、同じものを見せるときでも、相手の期待値次第で受けての反応は全く異なる。

やり過ぎはちょっとあれだけど、相手にどう見せるか、またはどう見えるのかという視点を持つことは大事。その方が場が盛り上がるし。

もしかしたら、期待値は低い方が、人生は楽しめるのかな?日本人は他の国の人と比較して、周りに期待しすぎる傾向が強い。期待というか、依存に近い。だから、周りには期待しすぎない。期待するなら、自分に期待してあげること。その方が、健全だよね。

なーんて思ったりして。先輩方を送った帰り道。紫陽花を愛でる。雨が心地よい季節になったなー。