YMD BLOG

某グルメサイトの営業マンの勉強ブログ。

伝え方が9割

伝え方が9割を読みました。

伝え方が9割

伝え方が9割

  • 作者:佐々木 圭一
  • 出版社/メーカー:ダイヤモンド社
  • 発売日:2013年3月11日
  • フォーマット:新書
  • 人気ランキング:「ビジネス・経済」「ビジネス実用」「ビジネス交渉・心理学」で1位(2013/5/10現在)
  • →Kindle版はコチラ

伝え方の技術がシンプルに体系化された本です。
料理本のレシピのように、個別具体的でわかりやすく、
伝えるために必要な要素と手順がまとまっています。

とにかく具体的、実践的にかかれています。わかりやすい。
目を見張るような新しい要素は少ないです。
しかし、伝えるためのノウハウと、
それらをどう使うべきかをたくさんの事例を混ぜながら解説しています。

また、本ではなくてノウハウを気軽に持ち歩けるように、
ノウハウが紙一枚にまとめられていて、
切り取れるようになっています。

この手のノウハウ本はたくさんあります。
ノウハウの使い方についてここまでスッキリ、
そしてとにかく実践的に書かれた本は珍しいです。

人前で話すことが多い人、
普段から文章を書くことが多い人はもちろん、
伝えた相手にYESと言ってもらいたい全ての人にお勧めです。

手元においておいて、何度も見返したい本です。

ところどころに出てくるねこ
のキャラが場を和ませていて、
個人的に好きです笑

印象に残った点を3つまとめてメモします。

<相手の答えを「イエス」に変える3つのステップ>
1.自分の頭の中をそのままコトバにしない
2.相手の頭の中を想像する
3.相手のメリットと一致するお願いを作る

<「イエス」に変える7つの切り口>
1.相手の好きなこと:「デートしてください」→「驚くほど旨いパスタどう?」
2.嫌いなこと回避:「芝生に入らないで」→「芝生に入ると、農薬の匂いがつきます」
3.選択の自由:「デートしてください」→「驚くほど旨いパスタの店と、石釡フォッカチャの店どちらがいい?」
4.認められたい意欲:「残業お願いできる?」→「きみの企画書が刺さるんだよ。お願いできない?」
5.あなた限定:「自治会のミーティングに来て」→「他の人が来なくても斉藤さんだけは来てほしいんです」
6.チームワーク化:「勉強しなさい」→「一緒に勉強しよう」
7.感謝:「領収書をおとしてください」→「いつもありがとうございます。領収書お願いできますか」

<「強いコトバ」をつくる5つの技術>
1.サプライズ法:「そうだ 京都、行こう。」
2.ギャップ法:「これは私の勝利ではない。あなたの勝利だ」
3.赤裸裸法:「くちびるが震えてる。あなたが好き。」
4.リピート法:「今日は暑い、暑い」
5.クライマックス法:「ここだけの話ですが、私はカレーが好きです」

伝え方が9割

伝え方が9割

  • 作者:佐々木 圭一
  • 出版社/メーカー:ダイヤモンド社
  • 発売日:2013年3月11日
  • フォーマット:新書
  • 人気ランキング:「ビジネス・経済」「ビジネス実用」「ビジネス交渉・心理学」で1位(2013/5/10現在)
  • →Kindle版はコチラ