YMD BLOG

某グルメサイトの営業マンの勉強ブログ。

【赤裸裸山中湖コテージ】

週末、みんなで山中湖へドライブ。
コテージを一つ借りて、レッツレジャー!

ハプニングは朝飯前。慣れっこになってきたね。
基本的に現地調達で、もりもり遊んで来た。

このコテージがステキすぐる。
ハンモックとじゃんぼコタツが標準装備とな!
これでゴロ寝談義が弾まないわけがない!

みんなでキムチ鍋を突っつきながら、赤裸裸トークが燃え上がる。
たたた、楽しすぎる!!!
話せば話すほど、男子はやっぱりおばかだな〜と思ってしまったよ。
恋愛だけをとってみても、女子のが明らかに精神年齢高い。

男子飲みで恋話になれば、
「がんがん行こうぜ!」
「アクションプランはどうする?」
と、明らかに自己中心論になってしまうので。。。

人間論と恋愛論って、なぜにこんなにオモシロいのだろ。
現地調達したいちご酒を飲みながら、熟れ過ぎた大人トーク。

赤裸裸トークで一番刺さったところ。
いわゆる、女心というものを、ちょびっとばかし理解できたのが嬉しかった。


男が恋愛で略奪したいのなら、長期戦が好ましい。
ひたすら、辛抱強く待つこと。どっしり構えて、がつがつしないこと。
女子に強制的に選択を迫れば、安定を選ぶ(心理的にもそうせざるを得ない)。
すなわち、現彼との仲を強めるだけ。
女子はその待っている期間が長ければ長いほど、男子の余裕とゆとりに惹かれる傾向がある。
そもそも、その待ってくれていた長い期間があるからこそ、
女子は「熱にほだされた」と男子の懐に飛び込んでいけるのだ。
待つことは、攻めること。


深い!胸がちくちくするけれどw
っていうか、このネタでドラッガーがびっくりするような本を書けちゃうよ!
もえさんの感情分析、すごすぎる。

このコテージ、また行きたいなー。


さあさあ!
次はどこへ行こうかな。
次はどんな企画をしようかな。

頭に浮かんだ材料は、
ぴんこさん、春、日帰り、歌舞伎、おいしーもの。

よーし、お花見か歌舞伎舞台見学を企画しようかね。
桜も楽しみだし、新感腺の新しい舞台も楽しみ。

こうご期待!