読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YMD BLOG

某グルメサイトの営業マンの勉強ブログ。

【会計ブートキャンプ】

NBonlin的会計ブートキャンプ!
Day 1: 取引先の「信用」マネジメント
宿題♪

日経ビジネスオンラインの特集にて発見!
おもしろそうな宿題を発見したので、さっそく取り組んでみることに。

A〜Dの財務諸表を参考にして、どの企業のものかを当てるクイズ。
候補の企業は

・セブンアンドアイ
・日産
ソフトバンク
ソニー

それぞれが複数の業界をまたがっているものも多い。
どこまで含むんだ〜。

以下、数字の単位は百万円とする。

・A社
売上      3,725,000      
営業利益率  2.09%
総資産 12,000,000
棚卸資産 1,365,000

営業CF -144,078
投資CF -488,106

その他の特徴
・売上に「その他の収益325,798」がある。



・B社
売上 4,869,000     
営業利益率 3.94%
総資産 12,000,000
棚卸資産 1,246,000

営業CF 266,618
投資CF -413,392

その他の特徴


・C社
売上 2,581,000     
営業利益率 5.73%
総資産 3,985,000
棚卸資産   167,242

営業CF 239,327
投資CF -88,287

その他の特徴
・営業利益率が高め
・本業でしっかり稼いでいる。
・投資は控えめ。
棚卸資産の総資産に占める比率が低い。在庫管理がしっかりしているかも。

・D社
売上 1,328,000     
営業利益率 13.54%
総資産 4,427,000
商品       57,185

営業CF 177,206
投資CF -165,103

その他の特徴
・営業利益率がすこぶる高い。
・本業で荒稼ぎタイプ
・その分設備投資などもがっつりしちゃう。
・商品少ない。メインビジネスは無形であることは明らか。


まず、会社の規模的に
AとBがとっても大きいのでセブンアンドアイかソニー
CとDが日産とソフトバンクだろうか。

A社は
・その他の収益を計上していること
・本業のキャッシュフローが安定していないこと
・投資キャッシュフローでも大打撃をうけていること
などから判断して、ソニーだろうか。
ソニー銀行の金融がかろうじて頭をかすめたというのが最大の理由。
金融ってこんなに利益率低くないんだけどな〜。

B社は
・営業率そこそこ。見方によってはちょっと悪いかも。小売系?
・本業はまあまあ。
・A社よりも棚卸資産の回転率はよさそう。
などから判断して、セブンアンドアイ!
う〜ん、積極的な理由はあんまりない。かも。

C社は
・営業利益率がけっこういい。メーカー関係かも。
・その割には棚卸資産が少ない。在庫管理がいいのかも。
・本業がっつり!投資は控えめ。イマドキっぽい会社とは一線を画す。
などから判断して、日産かな。
この投資の少なさが、国内メーカーっぽい。
ぱっと見、理想的なバランスかな。

D会は
・営業利益率が異常にいい。本業で荒稼ぎ。
・にもかかわらず、商品がない。売り物は無形。イマドキの情報系か。
・かなり投資にも積極的。金融でもイケイケ。成果はいま一つ。
などから判断して、ソフトバンクかな。
それにしても、営業利益率がすごすぎないか?
情報系ってこんなに高かったかな・・・
さすがにこれは、「ヨソウガイデス!」


え〜と、答えは・・・まだ発表されてないみたい。
きっと近日中に出るでしょう。
自身はないけれど、答え合わせするのが楽しみだ♪
久々にお勉強できてよかった!

答えが出たらまた更新します!
どうぞお楽しみに〜♪