YMD BLOG

某グルメサイトの営業マンの勉強ブログ。

【小雨降る日常に思うこと】

いつもの朝。

ビジネスマンの波に乗って、出勤する。
ここ最近天気がすっきりせず、
冷たい雨がしとしとと降り注ぐ。
この日もそんな天気だった。

田町近辺は、一本道を外れると静かな住宅街へ入り、
だいぶ静かである。僕が出勤で使う道も、あまり車が通らず、
ときおり、頭上をモノレールが滑っていくだけであった。

スーツ姿の男性と、控えめの服装をした女性が、
どことなく急ぎ足でオフィスへ向かう。
みんな耳にイヤホンをつけて、音楽や英会話を聴いている。

ふと遠くに、誰かがうずくまっているのが見えた。
歩道の上で、傘をさしている。
おそらく・・・女性。
そこで人が避けるために、道を膨らんでいた。

どうしたのだろう。体調でも崩してしまったのだろうか。

暫定女性は、こちらに背を向け、じっと動かない。
そのそばを通り過ぎる人も、関心を示さない。

どんどんと近づいていき、暫定が確信に変わったころ、
女性の傘がくるりと向きを変え、中の様子が見えた。
何かに…手を差し伸べている?

さらに近づき、女性の傘の模様がはっきりわかるくらいまで近づくと、
どこからか、とてもか細い声が聞こえてきた。

「にゃ〜」

猫!
冷たい雨が降る中、垣根の中で震えていた猫に対して
女性は手を差し伸べていたのだ。

僕も目では確認できないできなかったが、
道路からでは見えない位置、
しかも雨で声さえもかき消され、
みんな気がつかない。

そんな中で、この女性は猫の声を聞きつけ、
その場にかがみこんで猫を見つけ出したに違いない。

結局、僕も時間ぎりぎりだったので、このお話はここまで。
無力で行動力のない僕は、何のアクションも起こせなかった。
あ〜もう。うう、ちょっと自己嫌悪。

あの女性は、すごいなぁ。
広いこの街で、小さな生命の発する小さなシグナルをキャッチし、
彼を助けようと実行できる正義感と思いやりと実行力。

自分に時間的・物的なゆとりがあるときに、
周りに気を使うのは当たり前のこと。
忙しかったり、大変なときに
どれだけ周りに気を配れるかが
大事になってくるのだろう。