YMD BLOG

某グルメサイトの営業マンの勉強ブログ。

細部にこそ、神は宿る

能率よくタスクを片付けるのには、7〜8割の出来を目指し、
次へ次へとたったかやるのが理想だと思ってた。
そうやっていろんなことをやることで、
自分が一番成長できのではないかと思ってた。

でも別の考えもあった。

結婚式場でのバイトでの出来事。
式の準備でプレートや食器、グラスを並べているとき、
僕は8〜9割の出来を目指して膨大な数を並べていた。
その後、ちらっと見に来た先輩に指摘された。
「なんとなく、違和感を感じるな〜。あ、あれがちょっと外を向いているからだよ。」
言われて初めて、そういえばちょっと・・・と気がついた。

支配人は言う。
「うちのようなサービス業は8〜9割の満足じゃ、翌日には忘れちまう。
やって当たり前、されて当たり前、みんなそう考えるから。
満足を感動に、そしてさらに感謝に変え、お客様をリピーターにするには
10割に近いサービスを提供するんだ。」

ではその「10割に近いサービス」をするにはどうしたらいいか?
たとえば、コミュニケーションとか、言われる前に動くとか、いろいろあると思う。
その中の一つが、細部にこだわること。
普通の人じゃ気がつかないような部分にまでこだわり、
一見無駄にも見えるようなことでも
喜んで取り組むこと。
お洒落は見えないところから。と言った感じだろうか。

たしかに、7〜8割で仮に自分は満足して成長できたとしても、
相手の心には決して響かない。
もし相手の心を揺さぶりたいのなら、
細部にこだわり抜くことも必要な場合があるのかもしれない。

おぉ。
神は細部にこそ、光臨する。

神はA型なのかもしれない。
ぜひO型の神もいてほしいものだ。