YMD BLOG

某グルメサイトの営業マンの勉強ブログ。

ルーツと仲間

今日は地元小田原で、懐かしい人とたくさん会った。

まず、当日飛び入りで参加した小学校の仲間との飲み会。
友達のまーちゃんは中学受験をして私立に行ったため、約9年ぶりに再会した。
今はアメリカの大学で、数学をみっちり勉強しているらしい。
海外経験のない自分には、こういう人との会話は貴重だ。
日々の常識を打ち破るには、異文化との交流によるカルチャーショックを体験することも必要だと思う。
本当はもっといろいろなことを話したかったが、予定が詰まっていたので、30分しかいられなかった。
でも、また他の友達も交えて会う約束をして、次につながる有意義な時間だった。

次に高校の同窓会。
俺はずっと参加していなっかたので、みんな久々だった。
高校生が大学生になっただけなので、あまり変化はなかったが、
就職を控えた今の時期は個性的な話もたくさん聞けた。
特に仲のよかったこーちゃんと会えたのが嬉しかった。
こーちゃんとは修学旅行で駆け落ちをした仲である(笑
10人という大人数の班行動を嫌い、こっそり抜け出し、二人で自由気ままに北海道を放浪した。
班のみんなには迷惑をかけてしまった。申し訳ない・・・
そのかいあって、その思い出は色濃く残っている♪
こーちゃんは北大なので、なかなか会えない。
お互い連絡をとろうとしなかったので、疎遠の状態が続いていた。
俺は北海道に遊びに行くと約束していたが、結局行けなかった。いや、行かなかった。
行こうと思えばいつだって行けたはずだった。
本当にごめんね、こうちゃん。
昨日こうちゃんとも約束したが、この場を借りて宣言します!
今年の大学の冬休み又は春休みは必ず北海道に行く!
時間とお金をやりくりして、こうちゃんにもとに遊びに行きます!
そのときまでに、旅行の目的や自分のテーマをはっきりさせることもしっかりやるぞ!!
自分で勝手に盛り上がってしまった同窓会でした(笑

最後に、幼稚園でお世話になった一つ年上の先輩に帰りの電車で偶然会った。
小田原で飲食店のバイトをしているらしく、その帰りだった。
そのお店は商店街に近く、競輪場も近いためお酒が頻繁に出て、治安はワースト5に入るらしい。
とにかく、客が怒る。
そんなお店で働く先輩は、ちゃんとしたクレームで怒る客には真摯に対応するが、怒りたいだけの客には「パフォーマンスで謝る」という。謝ることもサービスの内。こう考えることで、自分へのストレスを軽減し、仕事も円滑に回るのだ。
誰もが嫌がる小田原店の仕事を先輩は楽しんでやっている。
先輩の考え方に、接客業の極意の一部を見た気がした。

自分のルーツと仲間は一生もの。
大切に育んでいきたい。