YMD BLOG

某グルメサイトの営業マンの勉強ブログ。

老舗から新店まで、おでんの新旧対決!

今週の王様のブランチのご飯倶楽部はおでん特集!定番から変わり種まで、行きたいお店がまた増えてしまった。。

f:id:yama_kazu:20170218231204j:image
麻布十番の福島屋。改装前に何度か行ったなぁ。

f:id:yama_kazu:20170218231218j:image
定食あるのは知らなかった。しかも安い。行きたい。。

f:id:yama_kazu:20170218231301j:image
牛すじ味噌おでん定食。これは昔はなかった!甘辛好きにはたまらない。。これは食べたい!

f:id:yama_kazu:20170218231316j:image
もはやおでんの大根の色ではない。

f:id:yama_kazu:20170218231357j:image
絶対美味しい卵のやつ。

f:id:yama_kazu:20170218231420j:image
ため息しか出ない。

f:id:yama_kazu:20170218231435j:image
次のお店。え?うおきんがおでん屋も出していたんだ!

f:id:yama_kazu:20170218231509j:image
コンソメベースのフレンチとおでんのコラボ。

f:id:yama_kazu:20170218231523j:image
おでんのタネは独創的。牛タンが入っていたり、

f:id:yama_kazu:20170218231539j:image
トマトがごろごろしてる。

f:id:yama_kazu:20170218231551j:image
メニューはもっとカオス。

f:id:yama_kazu:20170218231606j:image
おでんはそのまま食べるのではなくて、タネに合わせてオリジナルソースをかけて食べる。

f:id:yama_kazu:20170218231622j:image
お店は新橋にある。新橋飲みのときにぜひ行きたい。

f:id:yama_kazu:20170218231639j:image
最後は郷土料理の静岡おでん。真っ黒な色が特徴的。

f:id:yama_kazu:20170218233417j:image
浅草橋にある静岡おでん専門店のびんてじ。外観から美味しい。風情を感じる。素晴らしい。

f:id:yama_kazu:20170218233201j:image
牛すじと鮪の中落ちでとった出汁を注ぎ足し注ぎ足し作っているため、色が黒くなっている。

f:id:yama_kazu:20170218231655j:image
静岡おでんは粉かつおと青のりをふりかけて食べる。香りがよさそう。

f:id:yama_kazu:20170218231708j:image
手作りはんぺん200円。。

f:id:yama_kazu:20170218231746j:image
和牛の牛すじ280円。。絶対美味しい。

f:id:yama_kazu:20170218231759j:image
〆のオススメは、静岡おでんの出汁を使ったおでんの雑炊。たまらん。

あー、おでん食べたい。お多幸もいいけど、麻布十番の福島屋、新橋のうおきん、浅草橋のびんてじに、ぜひ行きたい。

鳥貴族で有名な「株式会社 鳥貴族」4期連続の増収増益、売上は245億円を突破。

最近人気の鳥貴族。外食業界全体が低迷しているなか、鳥貴族だけは好調の話をよく聞きます。そこで、決算書を調べてみました。

 

・4期連続の増収増益。売上は245億円を突破

f:id:yama_kazu:20161120181730p:plain

売上が伸びた要因は、新規出店による売上アップが2,551百万、既存店の売上アップが3,196百万円。既存店での売上アップが特に大きかったです。

 

 

・既存店売上は客数の増加により大幅アップ

f:id:yama_kazu:20161120172843p:plain

客単価は一年を通して100%を若干下回っています。その一方で、客数は104〜112%を記録しています。既存店の売上アップは、大幅な客数の増加が牽引していると思われます。

 

 

・エリア別に見ると東海地方の既存店売上が他エリアと比較して大幅に伸びている

f:id:yama_kazu:20161120173723p:plain

関東圏、関西圏の既存店舗の昨対比の売上は100〜110%なのに対し、東海地方は110〜120%を記録。静岡、愛知、岐阜、三重などの東海地方での売上が好調だ。

 

 

・現在の店舗数は約500。今後も直営店を中心に100店舗/年のペースで新規出店を計画

f:id:yama_kazu:20161120174308p:plain

これまで、鳥貴族の店舗は直営店とFCの比率が1:1だった。しかし、今後は直営店の新規出店を強化していきます。今期は直営60店舗:FC20店舗、来期は直営80店舗:FC20店舗の合計100店舗の出店を計画しています。新規出店に対しては、非常に前向きです。

 

 

・健全な財務体質(自己資本比率44.4%)と、効率的な資金運用(ROE19.4%)

f:id:yama_kazu:20161120175343p:plain

特筆すべきは、これだけの出店攻勢をしながらも、高い自己資本比率を維持できています。また、ROEも10%を大きく超えており、資金を効率的に運用することができています。

 

鳥貴族の勢いはまだまだ続きそうです。

 

・出典:株式会社 鳥貴族のホームページ

www.torikizoku.co.jp

 

・出典:2016年7月決算資料

http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?template=ir_material_for_fiscal_ym&sid=28645&code=3193

 

デュラム小麦パスタをバターとチーズでコーティング!東京MEAT酒場の日本一おいしいミートソースパスタが美味しい!

以前、日経レストランか飲食店経営で読んだ東京MEAT酒場のパスタを食べる機会が偶然やってきた!せっかくなので、ランチタイムのピーク前にいただくことに。

 

f:id:yama_kazu:20161116160107j:image

これが日本一おいしいミートソースパスタ。どんぶりで食べるパスタ。麺が主役なので、麺が上。ミートソースはどんぶりの下に隠れている。
 
 
f:id:yama_kazu:20161116160130j:image
ご丁寧においしい食べ方まで書いてある。こだわりの深さがうかがえる。
 
f:id:yama_kazu:20161116160142j:image
まずは麺だけで食べるらしい。太めのパスタはデュラム小麦をふんだんに使っており、バターとチーズで絡められている。麺だけで美味しい。
 
f:id:yama_kazu:20161116160154j:image
そのあと、どんぶりの下に隠れているミートソースと混ぜる。フルボディの赤ワインを使用したソースはなぜか懐かしい味がする。ハラペーニョソースを混ぜていただく。うん、美味しい!どんぶりで山盛りにして食べたい。
 
次はディナーでワインをガブガブ飲みながら、食べたいなぁ。

健康と冬の新領域!加熱するスープ市場を開拓するローソンとスープストックの新業態「おだし東京」

WBSで気になるテーマをやっていた。スープ市場について。

 

f:id:yama_kazu:20161116004519j:image

ローソンがスープの新商品を相次いで投入している。健康志向の高まりと、冬に向けての温かい食事需要を取り込むためだ。
 
f:id:yama_kazu:20161116004546j:image
ローソンの取り扱うスープ商品は、新商品を含めると9種類(たしか。。)!スープ商品を購入しているお客さんの大半は20〜40代の女性客。
 
f:id:yama_kazu:20161116004605j:image
実はスープ市場は年々拡大傾向にある。2016年は1800億円規模。思っていたよりも大きい。
 
f:id:yama_kazu:20161116004650j:image
ローソンは去年、スープだけで30億売っていた。今年は新商品をどんどん投入して倍の60億を目指す。
 
f:id:yama_kazu:20161116004717j:image
スープ市場を外食という立ち位置から狙うのはスープストック東京。スープストック東京は、12月から新業態のお店を出店する。テーマは「だし」。
 
f:id:yama_kazu:20161116004740j:image
「和」のスープをコンセプトとし、だしの専門店として本格的なスープメニューを提供する。二重牛だしのみぞれ椀。塩分は控えめだけれど、だしを重ねることで奥深くコクのある味に仕上がっている。美味しそう。。
 
f:id:yama_kazu:20161116004806j:image
おだし東京は12月から品川駅の構内にオープンする。品川駅は他のエリアと比較して飲食店が少なので、めちゃめちゃ良い立地。お客さんもたくさん入りそう。
 
f:id:yama_kazu:20161116004823j:image
スープストックは67店舗を展開している。新業態のおだし東京の出店で、スープストック東京の今後が楽しみ。
 
ローソンのスープメニューとおだし東京。どちらもぜひ行ってみたい。

東京駅周辺と銀座はカレー激戦区!カレーとインド料理専門店のお勧めのお店

f:id:yama_kazu:20161115005034j:image

打ち合わせ後のランチ。今日は南インド料理のダクシンにて。左から甘口豆カレー、真ん中が中辛チキンカレー、右側が辛口のエッグカレー。ライスの上にのっかっているのはナンをフライしたもの。外はさっくり、中はもっちりした不思議な食感。美味しかった!ご馳走さまでした!

 

東京駅周辺は実はカレーの激戦区。特に人気があるお店を3つ紹介。

 

1.南インド料理専門店 DAKSHIN

www.hotpepper.jp

インド人オーナーが手がける本場の南インド料理。ホールスタッフには日本人も含まれているが、コックは全員インド人で、インドの5スターホテルのシェフも腕をふるう。東日本橋にも系列店があるので、東京駅のお店が混んでいるときは、東日本橋店がおすすめ。

 

2.ダバインディア

tabelog.com

ダクシンのすぐ近くのインド料理専門店。こちらのお店は日本人オーナーが経営している。ダクシンよりも日本人好みに味がアレンジされている印象。店内は異国情緒があて、雰囲気が良い。ランチは外にまで行列ができていることが多いので、時間を少し外すことをお勧めする。

 

3.グルガオン

グルガオン (GURGAON) - 銀座一丁目/インド料理 [食べログ]

銀座にあるチーズクルチャとタンドリーチキンが美味しいお店。こちらもランチは大変混み合う。調べていて初めて知ったけど、上のダバインディアともう一つの銀座のカイバルというお店は3つとも系列店だった。。。

皇居ラン

f:id:yama_kazu:20161113230441j:image

週末は天気も良く暖かかったので、皇居へジョギングをしに行くことに。家から皇居までがそんなに遠くなかったし、ランニングステーションも着替えてシャワー浴びるだけなのにけっこういい値段するよなぁ、ということで家から皇居までを含むジョギングをしてみることに。
 
紅葉が見頃かなと思ったけれど、まだ緑が目立つ。来週か再来週あたりが見ごろかな。
 
地下鉄の竹橋駅のエレベーター設置のため、休憩所がいくつか封鎖されていた。水が飲みたかったので、封鎖はきつかった。幸い、反対側の休憩所(公園?)は空いていて、そこの水道は使えたので事なきを得た。皇居ランナーのみなさまはご注意を。
 
それにしても、運動不足の身体にいきなり20kmのジョギングはやりすぎた。。身体が悲鳴を上げている。もうちょっと運動しないとなぁ。

冬に行きたいあったか鍋専門店リスト

王様のブランチで見た、冬に行ってみたいお店のまとめ。忘年会や年末の飲み会に使いたいお店に!幹事の株があがること間違いなし。

 

1.しゃぶしゃぶKINTAN 代官山本店

tabelog.com

焼肉の超人気店が手掛けるしゃぶしゃぶ専門店。きのこと野菜食べ放題!幻の霜降り豚のしゃぶしゃぶを楽しめる。野菜は食べ放題。台湾風スープのスープでしゃぶしゃぶ。途中で味を変えて楽しめる。自家製ラー油と豆乳スープを台湾風スープに加えて、坦々豆乳スープになる。ワンタンを入れたり、〆は担々麺を入れたりといろいろな楽しみ方が。

 
2.ゆるり屋 渋谷
際コーポレーションが出がける、鍋専門店。人気鍋メニューのTOP3は、極楽豚鍋、海鮮みぞれ鍋、そして名物の豚とろろ鍋。新作の鍋メニューは話題のスーパーフード、ケールを使ったベジ鍋。かがやケールという特別なケールを使うので、苦味やクセが少ない。
 
3.九州黒太鼓 池袋
池袋の鍋専門店。写真に撮りたくなるインパクト大のメニューが多い。人気メニューは、しらすかけ放題の湯豆腐鍋、ステーキ鍋、そして、凄まじい高さのマウンテン肉鍋。
 
4.烏丸くろ 銀座
京都のもつ鍋の銘店が東京の銀座インズに初出店。一番人気は金すだちのもつなべ。もつの脂とすだちのさっぱりのバランスが絶妙。